金利の相場とは

キャッシングを利用する際には金利がかかります。金利というのは借入期間と借りた金額によって計算されます。また、借入金額が高いほど金利は安くなり、借入金額が低いほど金利は高く設定されていることが多いです。それぞれの業者ごとにどのくらいの金利を設定しているのかは異なっています。

計算そんな金利の相場としては3.0%から18.0%程度となっていることが多いでしょう。基本的にどの業者もそれほど金利が異なっているわけではありません。注意点として、金利は下限金利と上限金利が定められています。上限金利については、法律によって金利の上限は20%と設定されているため、それに近い18%程度がキャッシングの条件金利となっていることが多いのです。

だいたい、キャッシングを利用する方は10万円から100万円程度までの範囲でお金を借りることが多いです。この場合は18%程度の金利が設定されることが多いでしょう。これは、たとえば10万円を1年間借りたとしたら、利息は1万8千円ということになります。金利は年利として表示されているのが一般的です。そのため、金利をもとにすれば1年間の利息の支払額を算出できます。

それぞれの業者の上限金利をチェックして、それをもとにして利息を計算しましょう。そうすれば、その業者でお金を借りたときにどのくらいの利息を支払うことになるのかが分かります。